小室哲哉がかわいそう?借金額と「文春のせい」との批判の声が理由?

小室哲哉、文春のせい

小室哲哉さんが不倫疑惑を週刊文春によってスクープされた騒動を受けての「引退」を発表したことに関して、ファンの間では、

「小室哲哉がかわいそう」という声も出ていますね。

その理由としては、

・借金額が相当な数字に登るのに仕事がなくなること

・そして、人生のすべてを文春によって狂わされたせい

と見る意見が多いです。

Sponsored Link

小室哲哉が引退で「かわいそう」の声も。

小室哲哉、かわいそう

小室哲哉さんが不倫疑惑を週刊文春記者によって報道され、その騒動に責任を取るカタチで記者会見の場で「引退」を発表してから数日、小室さんの涙ながらの会見での悲壮的な姿も影響してか一部では「小室哲哉がかわいそう・・・」という声も出ていますね。

一部とは言いましたが、実はTwitterなどを見るとかなりこういった意見が見受けられるんです。

小室哲哉さんの不倫疑惑の概要や、看護師のA子さんについてはこちら。

小室哲哉、文春のせい
小室哲哉の不倫相手の看護師は誰?一般人だが画像あり?最低と批判も

小室さんは間違いなく音楽業界に貢献してきたレジェンドですし、その才覚は誰もが認めるところだと思います。

自身もここ数年で、”才能の枯渇を感じる”というような旨の発言を残しているものの、それでも小室さんほどのプロデュース力のある人物は未だにそうはいないと思う人も少なくないでしょう。

世間の一部では、

「この不倫という行為に関しては当然責任を負うべきだが、一定の休業期間を設けて、しばらくして火消しができたらまた戻ってくれば良いのでは?」

という意見もあるみたいですね~。

そういう声が出るほどに、小室さんが今まで日本の音楽界に貢献してきたこと、そしてその才能を認められているというだけに、やはり「かわいそう」という声が出るのは納得のような気が僕もしています。

Sponsored Link

小室哲哉が「かわいそう」の理由は借金額や文春のせい?

小室哲哉、文春のせい

小室哲哉さんが「引退」するということで、この引退を小室さんが自発的に判断したというよりも、

「週刊文春によって、その報道のせいで引退に追い込まれた」という解釈する人も少なからずいるみたいです。

各著名人が、”スクープ記者は人の人生を変える”という言葉を残していますが、その1人の中に小室さんも入ってしまったカタチになります。

それに関連して、小室さんが「かわいそう」と言われている理由に借金額の多さがあるようです。

小室さんが抱えていた借金額は、18億円と言われています。

しかしこれは10年前の新聞に記載されている内容ということで、数字としては参考までのもの。

これだけの額をふくらませる理由としては、過去2回の離婚歴と、これまで3回の結婚を経験しているわけで、その度にかかった慰謝料、そして挙式の費用などが莫大のものだったこと。

そして、他には過去有名になった詐欺事件での弁償金です。

小室さんの場合、09年に有罪判決が出る前から、5億円の詐欺事件の被害者に対する弁償金などをエイベックスに肩代わりしてもらっていますが、10億円以上とも報じられた莫大な借金はまだ残っているはずです。

引用:http://biz-journal.jp/2018/01/post_22071.html

ということで、関係者によると、おそらく18億ということは無いにしても数億の借金はまだ残っていると見る方がよさそうです。

そんな中で音楽業界を引退するということは、仕事がなくなるということに等しいですよね。

それで借金も数億残っているんですから、この引退を”文春のせい”として「小室哲哉がさすがにかわいそう」という声が出てくるのも納得だなするネットの意見が増えてきています。

僕は小室さんが不倫疑惑をしたことは責任をとるべきだとは思いますが、たしかに文春が引退に追い込んだという見方もできると思いますし、これからの著名人の『小室哲哉の引退×週刊文春』をめぐる意見がどういうものか気になるなと感じました。

まとめ

小室哲哉さんが不倫疑惑をした騒動について責任をとるということで「引退」を発表したことについて、この小室さんの去就に「かわいそう」という声が出ていることについてまとめてきました。

また、その理由として、借金額の多さ、週刊文春のせいで追い込まれたという見方があることついても見てきましたが、やはり小室さんほどの業界のパイオニアともなると、引退を惜しみ、復帰を期待する声があるのも当然なのかもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!