平昌五輪食中毒(ノロウィルス)に日本人選手はいる?テロの可能性?

平昌五輪、特別帰化、日本

平昌オリンピック開催直前にまさかの事態ですね。

ノロウィルスとみられる「集団食中毒」の可能性がニュースで報道されていますが、日本人選手は大丈夫なのでしょうか?

ネット上では食中毒と見せかけたバイオテロまがいのものではないかという推察もあるくらいです。

Sponsored Link

平昌五輪食中毒(ノロウィルス)に日本人選手は大丈夫?

平昌オリンピック開幕前ですが、かなりセンセーショナルなニュースが飛び込んできました。

選手村のスタッフを含む30人がノロウィルスと見られる食中毒に感染したというものです。

これはかなりびっくりですよね。

食中毒が判明した概要としては、

江原道のある宿泊施設で約30人が腹痛・嘔吐(おうと)の症状を訴えて病院に搬送された。この宿泊施設には五輪関連の警備会社スタッフら約1200人が生活しているという。感染が疑われるスタッフの一部は選手村の警備を担当していたことが分かった。

引用:http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/05/2018020500684.html

とのこと。

これには日本人選手がいるのかどうかということがとにかく気になりますよね。

現在韓国のメディアによって公開されている情報では、どの国の選手が食中毒の症状を訴えているというまでの具体的な情報はないのですが、日本人選手はまず間違いなく大丈夫であると考えられます。

というのも、

日本は自国の食材を持ち込んでいるからです。

これはこの手のハプニングへの対策というよりは、競技の本番直前でも慣れ親しんだ日本食を摂取することがパフォーマンスの向上につながるという考えかと思いますが、思わぬ所で功を奏すことになりましたね。

ただ、日本人選手が選手村で宿舎での料理を口にしないとは言え、

「同宿泊施設に滞在している一部スタッフがノロウイルスに感染したものと推定される」との考えを示したとのことだ。

引用:http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/05/2018020500684.html

↑ということで、空気感染の可能性はまだあり得ます。

これは数字としては可能性は低いとも思いますが、もちろんゼロではないという点で日本人選手の食中毒を心配する声が増えるのは納得ですよね。

どうか1人の選手も食中毒にかからないことを祈るばかりです。

Sponsored Link

平昌オリンピックの食中毒はテロの可能性!?

平昌五輪、食中毒、テロ

平昌オリンピックでのノロウィルス観戦ですが、これは宿舎での料理人がノロウィルスに感染していたため、その料理から感染が広がったと報道されています。

ただ、オリンピックという国際的な舞台であることや、直前の北朝鮮の参加の騒動など”何かとある”平昌五輪なので「バイオテロ紛いの可能性もあるのではないか?」と予想する声もネット上では見受けられます。

もちろん可能性は限りなくゼロに近いと思いますし、食中毒によるリタイアをさせるメリットもまだはっきりとはしていません。

もちろん、どこかの国を限定的に狙ったものであれば可能性が高くなりますが、その手の情報はまだ公開されていないだけに何とも判断しにくい現状です。

どうかこの先も大会や選手に横槍を入れる事件が発生しないことを願いつつ、日本人選手やスタッフには十分に気をつけてほしいですね。

まとめ

平昌オリンピックの開催直前にノロウィルスと見られる集団食中毒の感染事故が発生したということで、食中毒の患者の中に日本人選手はいるのかについての情報をまとめてきましたが、現在の情報では日本人はいません。

ただ、感染の拡大の勢いがあるノロウィルスだけに、この先食中毒に感染する選手が出てくる可能性はあります。

どうか選手の4年間の努力を水の泡にする事態だけは避けてほしいなと個人的に思う次第です。

この先も平昌オリンピックのこの手の情報には目を光らせていく必要がありそうですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!