飲酒前のヨーグルトはいつ飲む?効果や量は?飲む用意外効果なし?

飲酒前、ヨーグルト

飲酒前に飲むヨーグルトを一定量飲むと、酔いを遅らせる効果があるということで注目されていますが、

一体いつ飲むのがベストなのでしょうか?

例えば大きな飲み会の前に一般の方が飲むような「ヘパリーゼ」。

これは30分~1時間前と言われていますよね。

また、飲むヨーグルトではコストが高い!ということで、食べる用のヨーグルトでは効果がないのかについてもリサーチしていきます。

Sponsored Link

飲酒前のヨーグルトはいつ飲むのが効果的?

飲酒前に飲むヨーグルトを飲むことで、酔いの周りを遅くするという情報がありますが、本当でしょうか?

まずこの飲むヨーグルトを事前に飲むことによる効果ですが、これは

・アルコールの吸収を緩やかにする

・アルコールの分解を助ける栄養素が含まれている

という2つの側面からの効果であると言われています。

飲むヨーグルトなどに含まれている乳脂肪(脂質)がアルコールの吸収を緩やかにしてくれる働きがあり、

同様に含まれているタンパク質や、ビタミンB1がアルコールの分解を助けるからです。

しかし、管理栄養士の方のコメントでは、「空腹状態でアルコールを摂取するよりも効果的である」、程度の意見だったので劇的な効果があると言われればそうではないのかもしれませんね。

肝心のこのヨーグルトを飲酒前いつ飲むのが効果的か?についですが、

「飲むタイミングは飲酒する30分前~直前くらいがよいでしょう。飲む量は100~200cc(コップ1杯分)程度が適量です。」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180207-00010001-otonans-soci

とのこと。

これはヘパリーゼよりは比較的直前でも大丈夫だという認識で良さそうですね。

量に関しても、↑に書いてある程度なので、コンビニなどで売っている小さいサイズの飲むヨーグルトを事前に摂取するだけで量としては問題なさそうです。

Sponsored Link

飲酒前のヨーグルトは「食べる用」だと効果なし?

飲酒前、ヨーグルト

飲酒の際に酔いを緩やかにするとされているヨーグルトですが、飲むヨーグルトって食べる用のヨーグルトよりコストが高いですよね。

もし食べる用でことたりるなら、それにこしたことはないと思う人が多いのではないかと思います。

食べるタイプのヨーグルトでも、同様の効果は期待できますが、飲むヨーグルトの方が簡単に取り入れやすいというメリットがあるかと思います。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180207-00010001-otonans-soci

結論としては食べるようでも問題なし、同様の効果が得られるみたいですね~。

これは嬉しい限りです!

そして飲むヨーグルトには砂糖が多く含まれているのでカロリーについても心配ですが、食べる用なら基本的に無糖なのでカラダにも優しいですね^^

注意

ヨーグルト摂取のミソは、乳脂肪(脂質)を事前にお腹に入れておくことなので、『乳脂肪ゼロ』のヨーグルトでは効果なしとなるようです。お気をつけください。

ここからは個人的な見解ですが、専門家の方のコメントを見る限りでも、空腹よりはマシくらいです。

そしてヨーグルトでなくても、脂肪あり、タンパク質あり、その他アルコール分解を助ける栄養素があれば問題なしとのことなので、代替品はいくらでもあるようです。

そう考えると、個人的にはウコンとかヘパリーゼでいいじゃん!と思ってしまうのですが、コスト的にはヨーグルトがかなりいいのかもしれませんね(笑)

お試しされて効果があった方はぜひコメントにて教えてください^^

まとめ

飲酒前にヨーグルトを100~200cc(コップ1杯分)摂取することで、酔いが周ることを抑える効果があるということで、いつ飲むのが最適か、どのくらいの量か、そして飲むよう意外のヨーグルトでは効果がないのかについての情報をまとめてきました。

ヨーグルトを活用して、ぜひ効果のほどをお試しください!

※個人差があることなので、絶対の効果を保証する情報でないことをご了承ください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です