北朝鮮のショートトラック妨害をテレビで流さない理由は?|平昌五輪

北朝鮮、ショートトラック、テレビ

北朝鮮の男子500mショートトラック代表選手が、日本の渡辺啓太線選手に対してあからさまな『妨害行為』をしたとしてネット上では騒がれていますが、どうやらこの一連の騒動に対してテレビではカットされて放送されているようです。

日本のメディアがこの手の事件を報道しない理由は何なのか気になるという声が多いですね。

平昌五輪では、北朝鮮や韓国から「事故」というカタチでの日本への「嫌がらせ」とも解釈できる迷惑行為が多発していますが、本当にいたたまれないですよね。

Sponsored Link

北朝鮮が渡辺選手を500mショートトラック『妨害』で失格

北朝鮮のチョン選手がスピードスケート男子500mショートトラックで日本の渡辺選手に対して妨害行為と解釈できる行為をしたことに関して、ネット上では物議を醸しています。

実際の妨害行為がこちら。

そもそもレース自体も、

1、北朝鮮

2、日本

3、韓国

4、アメリカ

という何か陰謀があったと考えるのも難しくない順番なのが個人的には違和感があります。

まあさすがにレース順に関しては偶然だと思いますが、100%偶然とは思えないと感じる人も少なくないのではないかと思います。

とは言えこの『妨害』に関しては、

第一コーナー前での転倒だったため、レースは中断し再スタート。しかし、またも第一コーナーでチョン選手と渡辺選手は接触し、チョン選手が転倒。レースは審議となりチョン選手は失格

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/14331977/

北朝鮮の選手はしっかりと失格になり、渡辺選手も2位で準決勝に通過しているので結果的には大事には至っていません。

渡辺選手のこの平昌オリンピックへの努力の期間が『妨害』が理由で無駄にならなくて本当に良かったですが、北朝鮮からの妨害行為は懸念されていたもののここまであからさまには行ってきませんでした。

他の競技でも日本人選手のいらぬ心配や警戒心はこれを機に刺激されたと思うので、直接的な影響はなくても間接的なプレッシャーはどうしても出てくると思います。各選手にはどうか平常心で望んで欲しいものですが・・・。

Sponsored Link

北朝鮮のショートトラック妨害はなぜテレビで放送されない?

北朝鮮、ショートトラック、テレビ

北朝鮮のチョン選手が渡辺選手に対して妨害行為をして失格したことについてですが、このことについてネットでいくら議論をしたところで何も生まれません。

しかし、

どうやらこの事実自体がテレビでは大事な部分をカットして放送されているいるみたいです。

どちらかと言うとこっちの方が議論を賑わせているみたいですね~。

ツイートにもありますが、実際の言い回しに関しても少し表現を変えていますし、八代氏が言及しなければ「ひるおび」を見た人は妨害行為があったことを知らないままだったということになりますね。

まあTwitterでここまで盛り上がっているので「ひるおび」でカットされようが、仮に「北朝鮮関係のネガティブな情報はできるだけ放送したくない」という意図があったとしてもそれは何の意味もないと思いますが、どうして真実を放送しないのか?という声がTwitter上では多いです。

ただ、メディアが本当の真相を報道することって昔から少ないですし、今回のTBSは昔から北朝鮮関係については色々言われているテレビ局ではあります。

具体的な理由については雲の中ではありますが、フジテレビでは『妨害』に関してノーカットで放送されていたとのこと。

これを経てニュース系の番組はTBSからフジに変えようかなと個人的に思った次第です。

まとめ

北朝鮮のチョン選手が、スピードスケート男子500mショートトラックで日本の渡辺選手に対して『妨害行為』をしたとしてネット上で物議が醸されているということで情報をまとめてきました。

また、その『妨害行為』がテレビで、具体的にはTBSの「ひるおび」の中で大事な部分がカットされ放送されていないということでその理由について気になるという声が多いことについてもまとめてきました。

北朝鮮からの妨害行為や嫌がらせで、ここまであからさまなものが今後なければいいのですが・・・。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!