北朝鮮がついに『非核化』で開戦はなし?嘘や裏切りに注意の声も。

北朝鮮、非核化、嘘、裏切り

北朝鮮がついに非核化に踏み切る。

という言葉を見ると多くの人が安心すると思いますが、Jアラートを聞いた経験があったり北朝鮮情勢について他の人よりも詳しい知識がある人は本当に願ってもないことですよね。

北朝鮮が先日の韓国のムン大統領の使者に対し「非核化の用意がある」という言葉を残したとして報道されていますが、過去の北朝鮮の動向を考えるとこれが『嘘』や『裏切り』になる可能性はかなり高いと言えます。

というかほぼこうなる気がしますが、この北朝鮮の『非核化』を手放しで喜べないのは間違いないでしょう。

Sponsored Link

北朝鮮がついに『非核化』で開戦はなしか?

北朝鮮が3月5日に韓国のムン大統領の使節団と面会したことが日々報じられていますが、メインの内容は「米朝会談に前向きである」こと、「『非核化』の準備がある」ということですよね。

アメリカと北朝鮮の開戦はもう秒読みであるとされている昨今、日本に及ぼす影響もそれなりになることも予想できますし、最悪の場合一番の被害が出るのは日本であるとも言えます。

アメリカが開戦の準備があると昨年から主張しているだけに、北朝鮮の出方次第では本当に開戦してしまう可能性があるわけですが、北朝鮮が本当に『非核化』を実現するのであれば開戦はなし、戦争もしばらくは起きないでしょうね。

日本としてはそういう結末が一番望ましいと思いますし、いつ北朝鮮からミサイルがとんでくるのかわからないという状況からの解放は素直に嬉しいと思う人が多いと思います。

しかし、北朝鮮が今更核保有を手放す理由がイマイチわからないというのも事実。

経済的な圧迫が続いているとは言え、対外的には「非核化しますよ~歩み寄りますよ~」と言いつつ、貿易を緩和させた上で結局はまた核実験を行なうという結末が普通に想像できてしまいますよね。

Sponsored Link

北朝鮮の『非核化』は嘘や裏切りに注意?

北朝鮮、非核化、嘘、裏切り

北朝鮮の「『非核化』の準備がある」という言葉ですが、多くのメディアはこれまでの北朝鮮の行動からしてこの言葉を容易に裏切る可能性が高いとしていますね。

MEMO

1994年 北朝鮮は核開発を凍結する代わりに軽水炉の提供を受ける「核枠組み合意」を米国と締結。
後に合意の破棄を一方的に主張し、核施設の無能力化は頓挫した。

2012年 長距離弾道ミサイルの発射や核実験の凍結、ウラン濃縮を停止などで合意した。しかし、北朝鮮はミサイル発射を強行し、国連からの非難声明を受けて北朝鮮が米朝間の合意を破棄した。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2778716006032018EA2000/

↑にあるように、嘘をついて各国の信用を裏切り続けてきた歴史があります。

また、5日の声明より数日前の出来事ではありますが、

北朝鮮国内にいるデイリーNKの高位情報筋によれば、金正恩氏は先月22日、金英哲氏の韓国派遣と関連し、幹部らに対して自らサインした指示文を伝達。その中で、次のように明かしていたという。

「米帝と対話するつもりはなく、南朝鮮(韓国)が仲介者の役割をするのでもない」

「核は絶対に放棄しない」

「われわれ(北朝鮮)の核とミサイルを認めない勢力とは絶対に妥協せず、許しもしない」

引用:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9670.php

↑などの内情を明かしていたなんて話も。

もちろんどこに真実があるのかは金正恩氏にしかわかりませんが、過去に北朝鮮がとってきたスタンスからすると「どうせ今回もまた嘘なんでしょ」と思っている人の方がマジョリティだと思います。

北朝鮮が核を完全に破棄する

そんな未来がいつか来ることを願いつつも、北朝鮮はそんなことはしないだろうなと思う自分がいます。

まとめ

北朝鮮が『非核化』をする意向があることを発表したことに対して、この声明が嘘であり、また裏切り行為をする可能性を視野に入れなければならないという声が多かったので情報をまとめてきました。

北朝鮮が完全に『非核化』する日は本当にくるのでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!