篠崎恵美って誰?7ルールに出演のフラワーアーティストのインスタ

篠崎恵美

 

篠崎恵美(しのさきめぐみ)さんという女性が注目を集めています。この理由はフラワーアーティストという職業が注目を集めてきているのと比例しているようです。

このフラワーアーティストのパイオニアとして、篠崎さんが脚光を浴びています。

各メディアや芸能人からのオファーで引っ張りだこな篠崎さんとは一体どんな方なのでしょうか?

そしてそもそもフラワーアーティストという職種はどんなものなのでしょうか。

今注目の篠崎恵美さんについて調べてみました!

Sponsored Link

 

フラワーアーティストとは

フラワーアーティストっていったいどんな職業なのでしょうか?

フラワーアーティストとは花を用いて芸術をするフラワーアートを制作する人のこと。花の芸術家。芸術の分野としては、彫刻(彫塑)・立体に分類される。

引用:Wikipedia

とあるように、言葉のイメージ通りの内容ですね。

花を用いて新しい価値のあるものを創作するということで、ただ花をいけることとはかなり意味合いが違うようです。

例え簿この写真のような作品はフラワーアーティストが手がけているそうです。

フラワーアーティスト、作品

結婚式でのモニュメントですが、これが1つあるだけで華やかさも全然違いますし、同じ”花”という材料を使っても、普通に飾るだけよりも豪華な感じが出ます。

このような作品が今、テレビ界での演出や芸能人のプライベートでの需要がかなり高まっているようで注目されているのです。

そんなフラワーアーティストで今最もニーズが高まっているのが、篠崎恵美さんなのです。

篠崎恵美さんってどんな人

 

 

篠崎恵美さんは栃木県出身で服飾系の専門学校である文化服飾学院を卒業して、

現在独立されているフラワーアーティストです。年齢は公表されていませんが30代後半なんじゃないかと言われています。

篠崎さんは、もともと服飾系の専門学校卒ということで、最初はアパレル系の企業に就職します。しかし違和感を覚えた篠崎さんはある日弟さんのバイクで目入った三宿の「GLOBE」というお店を訪れます。

この時直感が働き、そのままそこでアルバイトを始めたようです。

この理由は服飾系では、自分の独創性を十分に発揮できなかったからだそうです。

これが篠崎さんと”花”との出会いになります。

その後独立、現在にいたるまで代々木で『edenworks bedroom』を経営されています。

Sponsored Link

 

インスタの画像がすごい

 

 

sonyxperiaear #megumishinozaki #edenworks

megumishinozakiさん(@megumishinozaki)がシェアした投稿 –

 

こんな感じで、ものすごく独創的で自由な表現が篠崎さんの”売り”なんですね。

お花の世界は、意外に決まりごとが多いのですが、それもすべて人間が決めたこと。タブーとされている花の組み合わせや「移り気」や「別れ」などマイナスイメージの花言葉など、お花からすれば、それは人間のルールでしょ、って話。そんな正解不正解のような知識はあまり必要ないのでは、と思います。

追求すれば必ずオリジナリティが生まれる、と思っているので。

引用:GAP 1969MAGAZINE

 

 

と、インタビューで語っているほど篠崎さん自身がオリジナリティにこだわっている。だからこそ今までにない価値をお客に提供できるんですね。

そしてこの先入観に縛られない独創性こそが新お先さんが選ばれる最大の理由であり、今脚光を浴びている秘訣でもあります。

僕はあまり固定概念が嫌いなので、篠崎さんのように新しい価値を生み出していこうとする方は本当に尊敬できます。

これからもその手腕を遺憾なく発揮してどんどん有名になって言ってほしいですね!

そしていつかお店にも足を運べたらと思います。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!