DAOKOと米津玄師の関係&小説の評価は?歌は下手で嫌い?

DAOKO、

 

DAOKOさんが映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌『打上花火』をリリースしてから大人気ですね!

DAOKOさんと米津玄師(よねず けんし)さんの出会いや関係、DAOKOさんが趣味で連載しているという小説の評価や歌唱力など、気になることをまとめていきます!

DAOKOさんは独特の歌声と歌い方ですが、それが下手で嫌いという声もあるみたいですね。詳しく見ていきましょう!

Sponsored Link

DAOKOと米津玄師の関係は?歌は下手で嫌い?

DAOKO、米津玄師、関係

 

DAOKOさんが今回映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌を歌うにあたってバックでサポートしているのが米津玄師さんです。

米津さんは自身の楽曲を手がけると同時に、多くの若手アーティストに楽曲提供などのプロデュースをしている一面ももっていますよね。

米津さんに見初められればこの先ブレイク間違いなしというジンクスさえありそうですが、そんなDAOKOさんと米津さんとの出会いはどこだったのでしょうか?

米津さんがDAOKOさんと出会ったのは映画の主題歌が決定する前です。

つまり映画のキャスティングよりも前に米津さんはDAOKOさんに一目置いていたんですね!

(米津)ライブで彼女が歌ってる姿を見て、自分とは真逆の、はかない感じのする繊細な声で。「俺もこんな声で歌ってみたかったな」と感じたと言うか。だからDAOKOちゃんに曲を作ってみたら自分としても、何か新しい表現ができるんじゃないかという予感みたいなものがありました。

引用:natalie.mu

↑ということで、米津さんがDAOKOさんと初めて会ったのはDAOKOさんのライブだったみたいです!米津さんから見てもDAOKOさんの歌声はかなり評価が高いですね!

そんなDAOKOさんですが、椎名林檎さんを彷彿とさせる独特の歌声は生歌だとその威力が半減するのか、『スッキリ』で生歌披露したときの評判があまり良くなかったみたいですね~。

個人の見解なので仕方のないことですが、個人的にはもっと声量を出して歌えば今以上に魅力的なのかな~と思いました。かなり上から目線ですがもちろん今のままでも十分好きですよ!(笑)

アーティストの歌唱力や見た目に関しては主観があるのでなんとも言えないですが、少なくともベテランの米津さんが評価しているという事実はポイント高いと思います!

これからの大ブレイクに期待ですね!

Sponsored Link

DAOKOの小説が面白い?評価や感想は

DAOKO、小説、評価、関係

 

DAOKOさんはアーティストとしての活動をしている傍らで小説もリリースしています!

今はネット上で小説を書いて、それが人気になったら単行本化という流れが主流ですよね。ライトノベル作家なんかはほぼこの売れ方ですが、DAOKOさんの小説の評価はどの程度なのでしょうか?

試し読みができるDAOKOさんの連載している小説に関してはコチラ!

 

気になる書評ですが、かなり高評価みたいですね~!

まあこれも個人の見解によるものところが大きいので普遍的なことは言えませんが、これからは小説家としての才能の開花もあるかもしれませんね!

まとめ

DAOKOさんが現在注目されているということでDAOKOさんと米津玄師さん出会いや関係、歌唱力についてやDAOKOさんが出版している小説について気になったので見てきました!

これからの期待のアーティストDAOKOさんを要チェックです!一読ありがとうございました!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

error: Content is protected !!