ハリーポッターの呪文で最強は炎のあれ?アバタケタブラ意外の技?

ハリーポッター、呪文、最強、炎

ハリーポッターで最強の技とは何なのでしょうか?

これはやっぱり『アバタケタブラ』が最有力候補にして最強の気がしますが、

ネット上では「不死鳥の騎士団」でヴォルデモートVSダンブルドアの時にヴォルデモートが使用した炎の呪文が最強では?という呼び声もあります。

正解などないことを前提にして、あらゆる視点から最強呪文を考えていきたいと思います!

ハリーポッターの最強呪文は炎の技だった?

ハリーポッター、呪文、最強、炎

ハリーポッターの最強クラスの呪文として呼び声高いのが、ヴォルデモートが対ダンブルドア戦で使用した炎の呪文です。

ピンとこないという方はこれですね。

これ、9年前のグラフィック技術ってのが僕は信じられなですが、まあその話は置いといて。

この呪文の名称は、悪霊の火

この呪文がネット上の一部で最強と謳われている理由は、この呪文が詠唱を必要としない技だからです。

そして巨大バジリスクの姿にまで姿を変えるほどの高火力ですね。

多くの術が呪文を唱えることを必要とする中で、この悪霊の火は詠唱を破棄して技を発動することができます。

か、かっけ~・・・。

映画版ではダンブルドアだからこそ防げたように見えますし、術者がヴォルデモート級であればかなり最強と呼ぶにふさわしい呪文なんじゃないでしょうか?

詠唱破棄っていうのはどんな設定のストーリーの技でもロマンがありますからね~。

ネット上で騒がれるのもわかります。

そして、

「アバタケタブラ」の唯一の弱点とも呼べる杖の使用不能状態に陥った場合に影響されないという説もありますが、

ヴォルデモートも映画では杖から炎を発動していますし、詠唱がいらないだけで杖まで不必要かと言われると微妙ですね・・・。

これに関してはグレーということで^^;

もし杖も必要ないんだったらそれこそカタギのふりして不意打ちで炎打ち放題なので手がつけられなくなっちゃいますからね(笑)

個人的には↑の動画の中でヴォルデモートが詠唱なしで放つ”衝撃波みたいな術”もかなり強いのかな~と思います。

最強とまではいかなそうですが。

Sponsored Link

ハリーポッターの最強の呪文として殿堂入りはこれでしょ!【3選】

ハリーポッター、呪文、最強

ハリーポッターの最強の技は?という議題はおそらく多くのハリーポッターファンの間で行われていると思いますが、結局のところ考え方次第ですよね。

ここではネット上で多くの意見がある呪文を3つだけ紹介したいと思います。

・アバタケタブラ

やっぱり何と言っても一発即死の「アバタケタブラ」でしょう。

これに関しては満場一致だと思います。

しかもほぼノーリスクで使える設定なので杖が折られるとか、口が塞がれるみたいな状況がない限りは使用可能であり、間違いなく最強でしょうね。

プロテゴ・ホリビリス「恐ろしきものから守れ」というガード魔法で防げるという説もありますが、魔法での戦闘の釣り合いを保つにはそのくらいの対抗措置はあって当然でしょうね。

・エクスペリアームス

ハリーがヴォルデモートを倒した時に放った呪文であり、相手の武装解除をさせる技。

ヴォルデモートを倒した時の状況は複雑なので、純粋なエクスペリアームスの攻撃力は測りかねますが、この呪文がランクインしたのは相手の杖を飛ばすこと。

杖を飛ばすということは相手を戦闘不能と同じ状況にすることだから最強でしょ?

ということのようですね~。

う~ん、技がうまく当たれば一理ある!(笑)

それを言うと全ての技が”当たれば最強”じゃ・・・。

・悪霊の火

↑で紹介した無言呪文です。

その理由は上で述べている通り。

もちろん火力は術者の力量に左右されると思いますが、それを言い始めたらきりがありません。

まあ最強の呪文の一角と言えるのは間違いないと思います。

個人的には、相手を石化させるペトリフィカス・トタルスとか、麻痺させるステューピファイも1対1なら最強かな~と思いましたが、同じ状況だったらアバタケタブラ使っちゃうかな~とも思います。

まあこうやって改めて考察してみるとハリーポッターの世界の技はほとんどがノーリスクで使えちゃうチート技ばっかりですね(笑)

まとめ

ハリーポッターの呪文の中で最強の技は炎を放つ”悪霊の火”か?という説や、ネット上であらゆる視点で語られる最強技についてサクッとまとめてきました。

もちろんこの議論に正解はありませんし、異論もたくさんあると思いますが、こういう考えもあるよな~ということでお楽しみいただけたら幸いです!

呪文だけでもこれだけ奥が深い世界観のハリーポッターは何度読み返しても面白いですね!一読ありがとうございました!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です