笑神籤(えみくじ)は芸人がかわいそう?放送事故の可能性も。

笑神籤、かわいそう

笑神籤(えみくじ)というM-1グランプリの新ルールで、漫才を披露する順番がランダムになったことについて、世間では「かわいそう」という声が出ています。

業界の中でも”芸人泣かせ”と言われているくらいですし、やはり芸人さんたちにとっては負担なのでしょうか。

また、この笑神籤によって放送事故の可能性もあるんだとか。

Sponsored Link

 

笑神籤(えみくじ)は芸人たちがかわいそう?

笑神籤、かわいそう

笑神籤がM-1の新ルールとして導入されているわけですが、そのルールの概要としては、

今年のM-1は「笑神籤(えみくじ)」という新ルールが導入された。今まではあらかじめ出番順は決まっていたのだが、今回はその都度MCがくじを引きネタをやっていくので最後まで順番が分からない。芸人からするといつ自分たちの出番が来るか分からないので調整しようがなく、芸人泣かせの新ルールである。

引用:abematimes.com

ということで、自分たちがいつどんな順番でネタを披露するのかが直前までわからないわけですね。

この笑神籤による芸人さんたちのデメリットとしては、

・「前半であればインパクト強めのネタ、後半であればシビアな笑いも盛り込める」などのネタの内容の調整ができない。

・1組が終わるごとに採点がなされるので”前半が不利、後半が有利なことは以前変わらず”そこは運任せ。

・前後の芸人のネタを予測して自分たちのネタをズラすということができない。

などなど。

ようは細かい部分の調整ができないということなんですね。

これは敗者復活組が1番最後にネタを披露することが、毎年「敗者復活枠が有利すぎるのでは?」と言われていたことを解消するためのことだとは言え、変化による弊害はやってみるまでわかりません。

自分たちの準備が100%と言い切れない分、芸人さんたちは持てる力の全てを発揮できないかもしれませんよね。

そういう意味では「かわいそう」とも言えるのかもしれません。

しかし、主催側からしたらそのくらいのプレッシャーの中でも笑いをとれる芸人こそが本物だ、と思っていそうですし、何よりそこで優勝した芸人さんを世間は心から認めるはずですよね。

この笑神籤の制度がどっちに転ぶかわかりませんが、M-1グランプリをより面白いものにしてくれるルールであることを願いたいです。

Sponsored Link

 

笑神籤で芸人たちの放送事故の可能性も?

笑神籤、放送事故

笑神籤による芸人さんたちの弊害として、同じM-1グランプリという数時間の枠の中であるとは言え、それでもやっぱり”自分の出番がいきなりやってくる”ということは否めません。

そうなると懸念されることが、「直前の準備ができず精神的にもスキル的にも不安要素があり、ネタが本番でとんでしまうのではないか?」ということです。

M-1グランプリという大舞台ではただでさえ異様なプレッシャーがある上に、この笑神籤ルールによって、「本番5分前にもう一回いちからネタをやり直しておこう」みたいな微調整ができないわけです。

もしそれらが原因で、ネタがとんでしまったら、生放送である『M-1グランプリ』の中では”放送事故”に他なりません。

「M-1決勝に残るほどの実力者である芸人さんたちがネタを忘れるなんてことあるわけないのでは・・・」と思いたいですが、こればっかりは何があるかわかりませんよね。

個人的にはこの制度は芸人さんの本当の力量が図れる良い内容だとは思うものの、他にも改善の余地があることは否めないので、今年の結果を経て、来年もM-1ではさらなるルールの変更がありそうだなと思います。

まとめ

笑神籤(えみくじ)というM-1グランプリの新ルールに関して、「芸人さんがかわいそう」という声や、放送事故の可能性が示唆されていたので簡単にまとめてきました。

笑神籤制度がM-1グランプリをより面白くしてくれる内容になるためにも、芸人さんたちには今まで以上に笑いにストイックになって欲しいですね。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!