はあちゅうがかわいそう…。セクハラで岸勇希が嫌いの声続出。

はあちゅう、童貞、謝罪

はあちゅうさんが元電通社員岸勇希さんのセクハラ・パワハラを告発しましたね。

作家、ブロガーとして活躍しているはあちゅうこと伊藤春香さんですが、この岸さんに関してのセクハラの告発は相当の勇気がいる行動だったはずですよね。

そんなはあちゅさんに「かわいそう」、「よく勇気を出した」という声が募っています。

また岸さんに対しても「嫌い、幻滅」などの声が上がっています。

Sponsored Link

 

はあちゅうがかわいそう、電通時代に岸勇希からセクハラ

はあちゅう、かわいそう

はあちゅうさんが電通に新卒入社して働いていた時代に著名クリエイターである岸勇希氏から、セクハラ・パワハラがあったということを告白しましたね。

この決断は電通のブランドや岸氏に対して大きな打撃になることが予想されますが、その決断に踏み切るほどの精神的・肉体的なダメージがはあちゅうさんにはあったということです。

伊藤春香(はあちゅう)さんの簡単プロフィール

・年齢:31歳

・出身:神奈川県川崎市

・職業:ブロガー、作家

・最終学歴:慶應義塾大学

はあちゅうさんが告発した岸氏のセクハラ行為をまとめると、

・「本社に異動した頃、岸さんから『今すぐ飲みの場所に来い。手ぶらで来るな。可愛い女も一緒に連れてこい。お前みたいな利用価値のない人間には人の紹介くらいしかやれることはない』などと言われるようになりました」

・深夜に『俺の家にこれから来い』とも言われました。当時、私は田町に住んでおり、彼の自宅は浜松町だったので、歩ける距離にありました。突然電話がかかってきて、どこで何をしていようと、寝ていても『今から来られないのか』と言われました。

・「自宅にいくと、黙って正座をさせられて、彼が作業をしているのを延々と横で見させられるか、彼の仕事の功績を聞いて、それを褒め続けたり、岸氏の嫌っている人を一緒にけなすなどさせられたりしました。そして、当時、岸氏は私の友人と付き合っていたのですが、『こうやってこの時間にお前が俺の家にいることを言ったらどう思うかな。お前が誘ってきたことにもできるからな』などと言われました」

引用:https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/hachu-metoo?utm_term=.sfoDeAp12#.py9Wgol4R

などなど。

これはセクハラでもありパワハラであることに間違いありませんし、電通という大学生が行きたい企業ランキングの上位に必ずランクインする会社で行われている行為であることは信じたくないですよね。

個人的には、「はあちゅうさんかわいそう・・・」という声があがるのも納得できるものだなと心から思います。

Sponsored Link

 

はあちゅうの告発で「岸勇希嫌い」の声も

岸勇希、嫌い

岸勇希さんと言えば、その天才ぶりとカリスマ性で今年に独立を果たし、業界では”一緒に仕事ができることは誉高いこと”という認識があるくらい、ひらたく言うとすごい人でした。

なので岸さんのファンもたくさんいたんですね。

ところが、女性に対してここまでの理不尽極まりない行動を知ってしまうと、岸さんが嫌いという声も大きくなってしまいました。

特に、

・カラダも使えないのか

・人間としてのレベルが低い、底辺は底辺を呼ぶ

などの発言は受け入れがたい内容ですし、男女差別的な発言であることも否めません。

僕としては、おそらく男性社員にはもっと理不尽なパワハラがあったのではないかと予想しますが…。

ある男性社員は「いつかは表に出ないといけないことでした」と語った。

引用:https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/hachu-metoo?utm_term=.sfoDeAp12#.py9Wgol4R

と電通の社員の方も語っている通り、岸氏の横暴は業界では広く知られ、同時に黙認されていたということではあちゅうさんの勇気ある行動に感謝している女性関係者がどれくらいいるのか計り知れませんね。

岸さんを支持していた層が「嫌い」と言って離れていってしまうことはやむなしではありますが、ライターとして才能がずば抜けていることは間違いありません。

そのことを奢るのではなく、今回の件で反省し、岸さんの才能を多くの人が幸せになるために使って欲しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

まとめ

はあちゅうさんが電通時代に著名クリエイターの岸勇希さんからセクハラ・パワハラを受けていたことを告発したということで、「はあちゅうさんがかわいそう・・・」という声や、「岸勇希嫌い」という声が上がったことについてまとめてきました。

まずは岸さんのTwitterなどで謝罪の一文を期待したいなと個人的には思う次第です。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!