シャーマンキングが復活?skg20thの意味やネタバレ&内容は

シャーマンキング、復活

シャーマンキングが講談社が出版しているマガジン系列の少年誌で復活するかもしれないことが注目されていますね。

“マンキン”ことシャーマンキングの復活はどうやら間違いなさそうなんですが、その内容やネタバレはどういうものになるのでしょうか。

そして「skg20th」が意味することも気になります。

Sponsored Link

 

シャーマンキングが講談社のマガジンで復活!?

シャーマンキング、復活

シャーマンキングが講談社のマガジン系列の雑誌で復活するのではないかという噂でネット上がざわついていますね。

シャーマンキングと言えばその終わり方が大きく取り沙汰された人気漫画の1つでありますが、ここに来て続編というカタチなのでしょうか。

主人公の麻倉葉の子どもであるハナが主人公を務める「シャーマンキングFLOWERS」も休刊(実質終了)していることですし、実際に葉たちにその後を描く物語が連載されるというのはありそうな話ですよね。

まずシャーマンキングがマガジンで復活するのではないかという理由は、

・マガジンエッジ(18年1月号)に掲載された「猫ヶ原」最新話の途中に挟まれた告知ページの存在。
背景が赤く塗られていて、ページの中央には尖った髪型が特徴的な人物のシルエット(麻倉葉?)が描かれていて、「2018 1.1OPEN!」と書かれていること。

・作者の武井作品が集英社の電子書籍からの販売が停止、マガジンに商標が移っていること。

ですね。

告知ページの「skg20th」の意味は?

これは間違いなくシャーマンキング20周年の意味でしょうね~。

というかシャーマンキングってもう20年経っているんですね・・・。

Sponsored Link

 

シャーマンキング復活でその内容やネタバレが気になるの声

シャーマンキングが講談社のマガジン、おそらく「マガジンエッジ」で復活するのは本当に嬉しいことですが、気になるのはその内容ですよね。

武井宏之さんが作ったシャーマンキング系のマンガは3つ出ていますが、まあざっくり大きく分けると、

・シャーマンキングゼロ→過去編

・シャーマンキング→本編

・シャーマンキングFLOWERS→続編(未来編)

と捉えることもできますよね。

まあシャーマンキングを本編だとすればの話ですが、ストーリー的には補完できている状態です。

まあどこぞのスクエニの人気アクションゲームみたいに、「実はここまで3つの作品が大枠の中の序章だったんです!だから本編はこれから!」みたいなことになれば別ですが、どんな内容になるのかが本当に予想できませんよね。

一番ありそうなのはハオとの決着をつけてから、花が生まれるまでの話ですかね?

ただ、シャーマンキング本編の終わり方に納得できていなかったファンがいたのも事実。

個人的には完全版を読んですっきりはしましたが、ハオが敵ではなくなった世界観ではどんなストーリーが展開されていくのか本当に楽しみですね。

願わくば、二番煎じネタにならないことを祈りたいばかりですが、個人的には武井さんを信じたいと思います。

まとめ

シャーマンキングがマガジン系列の雑誌で復活するのではないかということで、「skg20th」の意味や、新作の内容やネタバレが気になるという声があることについてまとめてきました。

シャーマンキングの作画が好きな僕は内容がどうであれみたいところです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!