GACKTの仮想通貨参入は詐欺の恐れ?お金目当てを心配する声も

GACKT、仮想通貨、詐欺

GACKTさんが本名を明かし、「大城ガクト」という名前で仮想通貨の事業に本格的に着手することを発表しましたね。

GACKTさんの本名がネットで予想されていたものと違う驚きもありますが、ファンの間では昨年にGACKTさんが被害にあった投資詐欺の二の舞いになるのではないかという心配の声もあるみたいです。

その当時関係者から話されていたことは、GACKTさんはビジネスセンスがほとんどなくて、大金を掴みたいという気持ちは強いということ。

ファンが心配する気持ちもわかりますよね。

Sponsored Link

 

GACKTの仮想通貨事業は詐欺にあっているのか?

GACKT、仮想通貨、詐欺

GACKTさんが昨年の8月頃に架空の投資話を真に受けて投資詐欺にあっていることは記憶にあたらしいですが、そのせいで「今回のGACKTさんの仮想通貨への参入は同じような状況なのではないか?」とファンの間では心配の声もあがっているみたいですね。

GACKTさんは先の事件で「証券を1000分の1秒で取引するので、リスクはほとんどない」というよくわけのわからない理由で、計1億6000万円もの損失被害にあったと言われていますよね。

この事件でのGACKTさんの対応に関係者は、

「ひと言で言えば、彼は昔からビジネスセンスゼロなんです(笑)。楽して大金を掴みたいという願望が強いため、簡単にダマされる。これで何度目かわかりませんよ」

引用:http://tocana.jp/2016/09/post_11040_entry.html

これだけを受けるとGACKTさんがこの時の二の舞いになってしまうのではないかという心配の気持ちも個人的にはわかります。

しかし、

仮想通貨への投資=よくわからないもの。だから詐欺では?

という考え方になるのは少し違いますよね。

かくいう僕も仮想通貨に深い造詣があるわけではないのですが、GACKTさんたちが手がけている「SPINDLE」という仮想通貨については、ほとんど白紙を言っていいほど情報がないみたいなのです。

ということは、GACKTさんの事業が詐欺にあっているのか否かは今の時点では判断できないということ。

ファンからしたら、GACKTさんの事業を信じることしかできないという結論になりますね。もどかしいですが、心配する気持ちがあったら少しでも仮想通貨について勉強した方がいいのかなと自分には言い聞かせています。

Sponsored Link

 

GACKTの仮想通貨はただのお金目当て?

GACKT、仮想通貨、お金

GACKTさんの公式ホームページでは、かなりの文量でこの仮想通貨事業への意気込みが語られています。

その中の表現の1つに、この仮想通貨に力をいれていくことは、大きく言えば”義務”であるとまで言っていますね。

ということで、「GACKTさんの仮想通貨への参入はお金目的なのでは?」という声もわからなくはないですが、あくまでも使命感をもってビジネスに没頭しているみたいなので応援しましょう。

そして願わくば仮想通貨を勉強してGACKTさんと同じ視点で仮想通貨について見解を述べるくらいになりたいですね。

失敗するのがオチ。
騙されるのがオチ。
オマエは音楽だけやってればいい。
余計なものに手を出すな!
そんな暇があったら曲を作れ!

暇な時間でやっていたわけじゃない。
真剣に寝る間を惜しんで勉強した。
海外も飛び回った。

もちろん、
そういった言葉を
言いたい人たちの気持ちもわかる。

引用:https://ameblo.jp/gackt/

ほんの一部ではありますが、GACKTさんの熱意の大きさを感じる文章ばかりです。

ぜひ一度は読んでみてください。

まとめ

GACKTさんの仮想通貨事業への参入について、過去にあったような投資詐欺にあっているのではないかという心配の声があることについて情報をまとめてきました。

GACKTさんの「SPINDLE」が動き出したばかりということもありはっきりとしたことは言えませんが、GACKTさんの事業がこれからのビジネスの主流になると考えるとしたら、遅れをとるわけにはいかないのかもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!