CHAI(バンド)のブス、ブサイクは褒め言葉?かわいいの声も。

CHAI、ブス、ブサイク

CHAI(チャイ)が女性バンドとしてかなり注目されていますね!

コンセプトは『NEOかわいい』です。

CHAIはメンバー皆さんがコンプレックスをもつ異色なメンバーですが、普通に「ブス、ブサイク」という声が出ていますがこれはもはや”褒め言葉”になっているレベルでポジティブなバンドがこのCHAIです。

もちろんブスと言われて嬉しいなんてはずないですが、そうやって話題になるのはCHAIのメンバーには良いことくらいのポジティブさがあるみたいですね~。

世間では普通に”かわいい”の声もあるみたいなので、2018年売れること間違いなしのメンバーについて深掘りしていきましょう!

Sponsored Link

CHAI(バンド)がブス、ブサイク!?もはや褒め言葉との声も。

CHAI、ブス、ブサイク

CHAIの女性バンドグループが今年間違いないブレイクアーティストであると期待されていますね。

その期待と比例するかのようにメディア出演も増えてきて、かなり認知度も上がっているみたいです。

ただ、CHAIのメンバーは全員、自身の見た目にコンプレックスをもっていて、決してルックスが抜群に良いわけではありません。

むしろ、「自分たちは各々にコンプレックスがあるけれども、それでもそのコンプレックスを克服しようと、コンプレックスと日々向き合って前向きに歩んでいます」っていうコンセプトをもつグループなんですよね~。

CHAIのメンバービジュアルを知るには、手っ取り早くこちらをご覧ください。

新年の抱負でも皆さん特徴的ですよね~(笑)

「全てのコンプレックスに、ポジティブに名を与え続けます。」という言葉が個人的には凄く響きましたね。

ブス、ブサイクであるかどうかは見る人それぞれの主観的な要素が大きく影響してくるので一概には言えませんが、それでもルックスについてのコンプレックスを逆手にとって自分たちを売り出していくCHAIのメンバーに勇気をもらう人もたくさんいるんじゃないかと僕は思います。

Sponsored Link

CHAI(バンド)がかわいいという声も。

CHAIのメンバーは見た目のコンプレックスに前向きに向き合う”強い”バンドですが、代表的な曲『N.E.O』ではそのメッセージ性がかなり強いです。

メディア映えが1つの売れる大きな要素になる芸能界ですが、音楽業界では唯一と言っていいほどビジュアルに左右されずに売れる人が多いですよね。

アーティストとして売れる=かわいい、イケメン

という世界ですから。

そんなこともあり、CHAIのメンバーが普通にかわいいという声もあります。

かわいいの定義はかなり広いのでそう思う人がいても不思議じゃないなと思いますが、このCHAIのメンバーがどんどん有名になっていくことで、「かわいいは正義」という言葉があまり支持されなくなる時代がくるかもしれませんね~。

とにかくCHAIのこの勢いは誰にも止められそうにありません。

まとめ

CHAIというバンドグループが現在人気を博しているということで、CHAIのメンバーが「ブス、ブサイク」と言われてることについてまとめてきましたが、もはやCHAIのメンバーにとってこの言葉は褒め言葉くらいのポジティブなコトバになりつつあるようです。

だからと言って「ブス、ブサイク」というのはただの悪口なので多用していいものではありませんが、一方でかわいいという声もあるので、ビジュアルがどうであれこれからどんどん売れていくことは間違いないでしょう。

これからもCHAIからは目が離せませんね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です