小松正治(カヌー)がかわいそうの声。ドーピング被害も鈴木を尊敬

小松正治さんが同じカヌー選手の鈴木康大さんにドーピングの薬を混入させられた事件について、小松選手に対して「かわいそう」という声が出ている他、”ぐう聖”(ぐうの根も出ないほどの聖人)という言葉がかけられています。

小松選手は鈴木選手を批難することもなく、「自白してくれて感謝している」「カヌースプリント選手として尊敬していた」という言葉を送っています。

これには小松選手を応援したくなる人も増えたのではないでしょうか。

Sponsored Link

小松正治(カヌー)選手に「かわいそう」の声。

小松正治さんがドーピング剤を飲み物の中に混入させられた事件に際して、ピックアップされている鈴木康大さんだけでなく被害にあった小松選手に対しても注目が集まっていますね。

小松正治さんの簡単プロフィール

・年齢:25歳

・出身:宮城県加美市

・身長:178cm

・体重:85kg

小松さんはフィリピン人の母親をもつハーフということで、ルックスがイケメンなだけではなくその恵まれた体格、身体能力で高校時代から注目されていた選手でした。

MEMO

小松選手の経歴

・インターハイ3連覇

・国体2連覇

・高校1年生にしてジュニア日本代表

これだけ若くて有能な選手なだけに、同じカヌー業界の選手から一目置かれるのも当たり前ですが、まさに出る杭が打たれてしまったわけですね・・・。

ただ、小松選手は鈴木選手に対して、

自白してくれなかったら資格停止処分のままだった。そこに関しては感謝したい」

引用:http://www.sankei.com/sports/news/180110/spo1801100015-n1.html

自身の中でいろいろな葛藤があることを抑えて、こういう紳士な発言ができることは本当に素晴らしいことですよね。

個人的に、尊敬に値する気遣いだなと思います。

そんな小松選手だからこそ、「かわいそう、これからさらに頑張って欲しい」という声が出るのも納得です。

東京オリンピックでぜひ輝かしい結果を残してほしいなと思います。

Sponsored Link

小松正治選手に”ぐう聖”の声も。「鈴木さんはあこがれの存在」

小松正治さんが多くのファンから応援される選手であることを象徴するエピソードとして、鈴木選手への発言があります。

それは↑でも説明した言葉もそうですが、

「自分がカヌーを始めた時からトップ選手で、あこがれの存在。自分がナショナルチームに入ってからは仲良くさせてもらって、いい先輩だった」と語り、それだけに今回の不祥事を「本当にショックです」と表情をゆがめた。

引用:https://gunosy.com/articles/aHa7j

といった言葉も残しています。

怒りの気持ちではなく、信じていた先輩であり憧れの存在に裏切られたことによるショックの方が大きいという・・・。

これに関して「小松選手はどこまで器が大きいんだ!」「ぐうの根も出ないほどの紳士さ」という賞賛が出ています。

鈴木選手からしたら自分の存在を脅かす若い選手を蹴落とす目論見もあったと思いますが、逆のこの事件が小松選手の株をさらに上げてしまった結果になりましたね・・・。

小松選手には鈴木選手の分も、東京オリンピックでその実力を披露してほしいと思います。

まとめ

小松正治さんが鈴木康大さんからドーピング剤を混入させられた事件に対して、世間から「小松選手かわいそう」「ぐうの根も出ないほどの聖人だ」という声が出ていることに関しての情報をまとめてきました。

小松選手には失った時間を取り戻すためにも、これから東京五輪までの2年間を有意義な時間にしてほしいですね。またこの一件で小松選手のファンは増えたと思うので、その声にもぜひ応えてほしいところです。引き続き小松選手の活躍を応援していきたいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です